ビットコイン取引所おすすめガイド【2018年最新版】

ビットコインの取引所に口座を開設したいけれど、おすすめの取引所はどこか知りたい。仮想通貨の人気が高まるとともに、そんな悩みを持つ人が増えてきています。

ビットコインの取引を始めるなら、できるだけ早いタイミングで始めておいた方が良いです。仮想通貨はいつ価格が高騰するか分かりませんので、口座を開設しておかないと儲けるチャンスを逃してしまいます。

ビットコインの取引所に口座を開設するのはとても簡単なので、安心してください。手順通りに進めれば、誰でも間違いなく口座を開設することができます。

2017年は仮想通貨人気が白熱して、取引所の口座開設にとても時間がかかる場合もありました。比較的落ち着いている今の時期に、口座開設だけは済ませておくことをおすすめします。

ビットコインなど仮想通貨の取引は、まだまだ歴史が浅いので、今から始めても十分追いつけます。取引所の口座開設はとても簡単ですので、できるだけ早めに済ませてしまいましょう!

最初に、ビットコイン取引所のおすすめランキングをご紹介します!

1位:ビットバンク(bitbank)
ビットバンク(bitbank)は、全てのコインの取引手数料が無料で、とくにリップルを手数料無料で買えるのはビットバンクだけです。送金手数料も圧倒的に安く、取引チャートも国内トップクラスの見やすさで、今一番勢いがある取引所です。
手数料
安全度
使いやすさ
取扱銘柄 BTC,ETH,BCH,MONA,LTC,XRP
取引形態 取引所/販売所

詳細ページ公式ページ

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤー(bitFlyer)は、世界最高のセキュリティと評価されている、日本を代表する仮想通貨取引所です。取引画面もパソコン・スマホともに、とても使いやすく、すぐに慣れることができます。唯一、ビットコイン以外のアルトコインの手数料が若干高いのが残念な点です。
手数料
安全度
使いやすさ
取扱銘柄 BTC,ETH,BCH,MONA,ETC,LSK,LTC
取引形態 取引所/販売所

詳細ページ公式ページ

3位:ザイフ(Zaif)
ザイフ(Zaif)は、日本の取引所としては最も取扱う仮想通貨の種類が豊富です。取引画面は、どちらかというと仮想通貨取引に慣れた人向けのつくりで若干ハードルは高いかも知れません。
手数料
安全度
使いやすさ
取扱銘柄 仮想通貨5種類:BTC,ETH,BCH,XEM,MONA
トークン10種類:ZAIF,CMS,XCP,BCY,PEPECACH,SJCX,FSCC,CICC,NCXC,JPYZ
取引形態 取引所/販売所

詳細ページ公式ページ

4位:DMMビットコイン
DMMビットコインは、レバレッジ取引(FX)できる仮想通貨が7種類と豊富です。純粋な仮想通貨取引所という立ち位置から、若干、仮想通貨FX寄りのつくりになっています。
手数料
安全度
使いやすさ
取扱銘柄 BTC,ETH,BCH,XEM,ETC,XRP,LTC
取引形態 取引所/販売所

詳細ページ公式ページ

5位:GMOコイン
GMOコインも、仮想通貨FXに強みを持つ取引所で、東証一部上場のGMOグループのメリットを活かして、最大10倍までのレバレッジに対応しています。その一方で、現物取引の手数料は、全体的に高めです。
手数料
安全度
使いやすさ
取扱銘柄 BTC,ETH,BCH,XRP,LTC
取引形態 取引所/販売所

詳細ページ公式ページ

 

ビットコイン取引所おすすめランキング~CheckPoint

ビットコイン取引所おすすめランキングの各項目が重要なチェックポイントになっています。どこに注目して見たらよいのか、解説して行きます。

ビットコイン取引にかかる【手数料】

ビットコイン取引所の手数料は、仮想通貨を購入する時にかかる取引手数料と、送金手数料、そして入出金の手数料が3大項目です。

この3つの手数料のなかで、最も重要なのはトレードするたびにかかる取引手数料です。

送金手数料という言葉は、仮想通貨の状態のままで送る(送金する)際にかかる手数料という意味で使われます。

入出金手数料という言葉は、ビットコイン取引所に日本円を送ったり、取引所から日本円を引き出したりする際にかかる手数料という意味です。

ビットコイン取引所の【安全度】

ビットコイン取引所の安全度もまた重要です。コインチェックのネム(NEM)流出事件は社会問題にもなりました。

日本の取引所の安全性は、世界的にも高い部類に入りますが、それでも十分注意を払うようにしましょう。

過去にハッキング事件を発生させている取引所や、金融庁から業務改善命令を受けたことがある取引所については、減点して考えておいた方が良いです。

当サイトで紹介するビットコイン取引所は、全て日本の金融庁の審査に合格した「仮想通貨交換事業者」です。

 

ビットコイン取引所の【使いやすさ】

ビットコイン取引所は、使ってはじめて価値が出るものです。取引画面の使いやすさは、とても重要です。

機能が豊富になると、若干使い難くなってくる傾向がありますので、自分にとって最適なバランスを考える必要があります。

ビットコインの価格変動は大きいので、変化に気が付いた時には、すぐに取引したいものです。パソコンだけでなく、スマートフォンでの操作が使いやすいかどうかも重要なポイントです。

ビットコイン取引所の【取扱銘柄】

ビットコイン取引所は、ビットコインだけを取扱っているわけではありません。ビットコイン以外にも、いくつかの仮想通貨を取扱っています。

ユーザーとしては、取り扱っている仮想通貨の種類が多い方が良いのは言うまでもありません。

ただし、日本の取引所は、取り扱い仮想通貨の種類についてはかなり絞り込んでいる傾向があります。

仮想通貨取引に慣れてきて、さまざまな種類のコインを取引する場合には、海外の取引所を利用することが多くなってきます。

ビットコイン取引を始めた段階では、取引所の取り扱い銘柄には極端にはこだわらなくても大丈夫です。

 

ビットコインとは!?仮想通貨を知るための7つの基本

ビットコインは、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき開発され、2009年に運用が開始された世界初の仮想通貨です。

ビットコインを取引するなら、ビットコインに始まる仮想通貨の特徴をおさえておきましょう。仮想通貨を知るための7つの基本を解説します。

【基本1】ビットコインはブロックチェーン技術を基に開発された仮想通貨

ビットコインは、ブロックチェーン技術を基に開発された仮想通貨です。

ブロックチェーンとは、「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースです。

一度生成されたブロックは変更することができないため、ビットコインの取引記録も失われることなく蓄積して行き、通貨としての信用性を確保しています。

【基本2】ビットコインはマイニングで生まれるデジタルゴールド

ビットコインは、円やドルなどの現実の通貨と違って、無限に発行することはできません。開発時点で、発行枚数の上限は2100万枚とあらかじめ決まっています。

マイニングと呼ばれるデータ照合作業を行うことで、新たなビットコインが日々誕生していますが、2142年頃には全てのビットコインが掘りつくされる計算です。

ビットコインには貴金属の金のような希少性があるため、「デジタルゴールド」とも呼ばれます。

【基本3】ビットコインとアルトコイン

ビットコインは世界最初の仮想通貨ですが、ビットコインの成功に刺激されて、新しい仮想通貨が続々と誕生しました。

ビットコイン以外の仮想通貨にもそれぞれ名前がありますが、ひとまとめにして「アルトコイン」とも呼ばれます。

アルトコインと言ったら、ビットコイン以外の仮想通貨を指すと考えておけばOKです。

【基本4】ビットコインの高騰で「億り人」登場

ビットコインは決済手段としても優れた仕組みですが、世間の注目を集めたのは、値上がりが大きく、投資対象としても非常に魅力的なためです。

ビットコインが誕生してから、まだ10年に満たない時間しか経っていませんが、その間にビットコインの価格は約3300万倍に高騰しました。

ビットコイン取引で、1億円を超える巨額の利益を得る「億り人」も数多く誕生しています。

ビットコイン取引で一獲千金を狙う人は、今でも日々増え続けています。

【基本5】ビットコイン取引に必要なフィンテック(Fintech)活用3点セット

ビットコインの実体はデジタルデータです。

フィンテック(Fintech)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語ですが、ビットコインはまさにフィンテック時代にふさわしい通貨です。

ビットコイン取引を行うには、デジタルデータを扱うための(1)パソコンかスマートフォン(2)取引所の口座、そして(3)投資資金、この3つが用意できれば大丈夫です。

【基本6】ビットコイン取引にかかる税金と確定申告

ビットコイン取引で利益が出た場合は、税金がかかります。もちろん利益が出なければ、税金がかかることもありません。

ビットコイン取引で得られた利益は「雑所得扱い」となり、確定申告が必要になります。確定申告は、前年分を翌年の2月16日~3月15日までに居住地の税務署に申告します。

ビットコインで儲かった場合には確定申告が必要になるということは、頭の片隅に覚えておきましょう。

【基本7】ビットコイン取引のリスクも知っておこう

ビットコイン取引にはリスクもあります。ビットコイン取引のリスクは、大きく3つです。

1つ目は価格の変動が大きいことです。値上がりして大きく儲かる時もあれば、値下がりして損失が拡大することもあります。あまりに値動きが激しい場合は、取引が成立しにくい状況も起こり得ます。

2つ目は取引所のシステムに関わる問題です。取引所にアクセスが殺到してシステムがダウンした事例もありますし、サイバー攻撃によるシステムダウンの危険性もあります。

3つ目は規制や税制の問題です。ビットコインが登場してから10年ほどしか経っていないために、法的な整備が追い付いていない部分もあります。今後の環境の変化からは目が離せません。

 

ビットコイン取引を始めるための6ステップ

【Step1】ビットコイン取引所を選ぼう

ビットコイン取引を始めるためには、まずは取引所を選んで口座を開設する必要があります。

ビットコイン取引を行う取引所は、全てインターネット上に口座を開設します。ネットバンクのようなものと考えればOKです。

口座開設の際には、写真付きの公的な身分証明証を画像ファイルにして送信する必要があります。

【Step2】ビットコイン取引所に資金を入金しよう

ビットコイン取引所に口座を開設することができたら、次は取引資金の日本円を入金することになります。

ビットコイン取引所は、日本円とビットコインを両替する役割も果たしているのです。

資金を送る側の銀行口座としては、ネットバンクの方が便利です。ネットバンクのなかでも、住信SBIネット銀行が最も入金手数料が安くて便利です。

【Step3】ビットコイン取引所でビットコインを購入!

ビットコイン取引所に無事に日本円を入金出来たら、次はいよいよビットコインを購入します。

ビットコインの値動きは大きいので、その時のレートで購入して良いものか、迷うこともあるでしょう。

購入するしばらく前のタイミングから、ビットコインの値動きは確認して、相場の流れに乗れるようにしておくと迷いが少なくて済みます。

【Step4】ビットコインをウォレットに移動しよう

ビットコインを購入したら、保管場所を考える必要があります。

少額の場合や、すぐに売ってしまう場合などは取引所に置いたままでも実害は少ないとも考えられますが、多額のビットコインを長期間取引所に置いたままにするのは避けましょう。

実際の通貨、貨幣と同じように、ビットコインなどの仮想通貨を保管する仕組みがあり、それを「ウォレット(財布)」と呼びます。

ウォレットを上手に活用して、ビットコインを安全に運用しましょう。

【Step5】ビットコイン取引の利益を確定させよう

ビットコインがそのまま使える「ビットコイン決済」が可能な店舗も増えてきていますが、多くの人は最終的には日本円に戻すことを考えます。

ビットコインを売って日本円を買う(ビットコインと日本円を両替する)ことで、一連のビットコイン取引の利益が確定します。

【Step6】ビットコイン取引の税金を支払う

ビットコイン取引で利益が出た場合は、その利益に対して税金がかかります。

ビットコインなど仮想通貨取引の利益は「雑所得」扱いとなりますが、現時点で仮想通貨の取引所には源泉徴収的な機能は備わっていません。最終的に自分で確定申告する必要があります。

確定申告用の優れたソフトがたくさん販売されていますので、決して難しく考える必要はありません。

確定申告しないと脱税行為となってしまいますから、1年の終わりが近づいたら、ビットコイン取引でどのぐらいの利益を得ているのか、意識しておくと良いです。

 

ビットコイン取引をもっと理解するための5つの豆知識

【豆知識1】ビットコイン取引所と販売所の違いとは?

ビットコインと日本円を交換・両替できる場所を、一般的に「取引所」と呼んでいますが、取引所の中には、取引所と販売所の2つが用意されていることが多いです。

取引所とは、取引所に集まるユーザー同士が仮想通貨の売買を行う場所です。取引所がコインの所有権を持っているわけでは無く、取引所が場を提供しているかたちです。

販売所とは、ユーザーからの注文を受けて、販売所が注文通りに仮想通貨を買い付け、それをユーザーに販売する所です。一時的ですが、販売所はコインの所有権を持つかたちです。

 

【豆知識2】ビットコイン取引所のセキュリティ対策

ビットコイン取引所にとってセキュリティ対策は非常に重要で、取引所を選ぶにも安全性は重要な指標となります。

仮想通貨の取引所に対してのハッキング事件は数多く発生していて、日本でもコインチェックでネム(NEM)の流出事件が発生したのを覚えている人も多いでしょう。

日本の取引所のセキュリティレベルは高く、写真付きの本人確認書類の提出や、二段階認証の設定などが求められます。

 

【豆知識3】ビットコイン取引所を管理する金融庁の規制

日本では、仮想通貨の取引所は金融庁の監督下に置かれています。不適切な事業者には、行政処分が課されます。

仮想通貨の取引所に対しての法的な規制は、段階的に厳しくなってきていますが、転機となったのが平成28年の資金決済法の改正です。

同法の改正により、日本における仮想通貨の位置づけが明確になったことで、日本は仮想通貨先進国と呼ばれることもあります。

 

【豆知識4】ビットコインを取引するなら住信SBIネット銀行がベスト!

ビットコインの取引所に口座開設をして、仮想通貨の取引を行う場合、入金用にネットバンクにも口座を開設しておくと非常に便利です。

ネットバンクのなかでも、住信SBIネット銀行が最もおすすめです。住信SBIネット銀行なら、入金手数料が無料で、24時間入金確認可能としている取引所も多く、利便性が最も優れています。

住信SBIネット銀行は、普通に給与振り込み用のメインバンクとしても十分活用できます。ビットコイン取引を始めるのを機会に、住信SBIネット銀行にも口座開設してしまうことを強くお勧めします。

 

【豆知識5】ビットコイン取引に慣れてきたら海外の取引所にもトライ!

ビットコイン取引は、一番最初は日本国内で運営されている取引所からスタートするのがおすすめです。

最終的に利益確定(円での利確)するためには、日本円とビットコインを両替できる日本の取引所の口座を一つは持っている必要があります。

でも、国内の取引所に慣れてきたら、海外の取引所にも目を向けてみることをおすすめします。海外の取引所は、取り扱う仮想通貨の種類が圧倒的に多いことが特徴です。

仮想通貨の取引で大きな利益を上げている人の多くは、ビットコインと円を両替する拠点として日本の取引所を使い、メインの取引は海外の取引所で行っています。

 

ビットコイン取引を始めてみよう!

ビットコインは、誕生してから10年にも満たない、新しい時代のお金です。

ビットコイン取引が本格的に行われるようになったのも、ここ数年のこと。今からビットコイン取引を始めても、決して遅いことはありません。

取引環境もどんどん整備されて、取引所もとても使いやすくなってきています。スマホを普通に使える人なら、操作に迷うことはありません。

ビットコインは投資の対象というだけでなく、実際の決済手段としても、これからさらに普及して行くことは間違いないでしょう。

ビットコインや仮想通貨に対しての知識と経験は、これからの時代を生きる上で必要不可欠なノウハウになってきます。

思い立ったその時に、ビットコイン取引所の口座を開設してしまうことをおすすめします!